夏期講習を振り返る・中3

こんばんは。なかま塾、中島元気です。


夏期講習の振り返り(中3)


長期休み中は普段やれないような仕事をやるんですが、ここで夏期講習を振り返りつつ、今後のことを書いてみようと思います。

なにか特別なオチもなく、自分自身でも振り返りながらダラダラ書いていきます~。


なかま塾の中3夏期講習は特殊!?


今年は試験場駅前教室ができ、2教室での夏期講習。特に南町教室は過去最高の中3の人数です。まだ3年目なので比較対象が少ないですが。

中3の夏期講習を少し説明すると、なかま塾の中3の夏期講習は、他の個別指導塾と比べるとやり方が特殊です。もちろん全国の個別指導塾の夏期講習を全て把握しているわけではないので断定はできませんが、私しの知る限り同じやり方の個別指導塾はありません。

まず、中3がほぼ毎日ほぼ全員教室に来ます。で、朝9:30から夕方まで全員勉強します。集団塾のようなイメージでしょうか。

授業内容は個別で一人ひとり違います。1:2の授業や暗記テストや映像授業など色々な形でやってますが、やる内容は全員個別に違います。集団授業をやらないのは、ちょっとしたこだわりですね。


中3が毎日全員来る


この、ほぼ「全員毎日塾に来る」というのが、なかなか大変なんです。運営面が。ベリーハード。

試験場駅前教室はまだ中3も20名ちょっとなので余裕なんですが、南町教室は普通に教室運営をするってことだけですごい労力がかかるんで、この夏はやっぱり苦労しました。

「今年こそは余裕を持った夏期講習を過ごしたい!」と意気込んでたけど、やはり無理でした(笑)。

ただ、確実に去年よりは少し余裕あります。多分。


進度・理解度から授業を調整しつつ仕上げへ


今年は人数は多いですが、授業の方は順調に進んでます。

休み明けからは全員の進度や理解度を確認しながら授業の中身を少しずつ調整していき、仕上げに入っていきます。

あ、休み明けにはまずテストをします。夏期講習の仕上がり具合を見るために。あとは学校の宿題チェックも。学校の宿題を終わらせてなければ、終わるまで帰れま10のスタートです(笑)。

いい感じに進めているように見えますが、一人ひとりを見ていくと課題の多い生徒もいますので、そこは個別に細かく対応していきます。

目標は、夏期の最後に行われる模試です。ここで夏期前の実力から大幅アップを目指して、残りの夏期講習を指導していきます。

中3はこんな感じでしょうか。

講習へのこだわり


こんな感じでやってますが、講習のやり方って色々あります。もっと授業数を減らして楽することもできますし、もっと売上を上げるやり方もあります。でもどちらもやりません。長時間の授業時間と安価な講習費。そして全員参加。目的は、全員の成績を上げるため。

売上がどうとか、教室運営がどうとか、それは二の次。ここに関しては、これからも愚直にこだわってやっていきます。

(’-’)


こう書くと「すげー厳しそう・・・」と思われるかもしれませんが、意外とみんな楽しくやってます。私の勝手な思い込みかもしれませんが(笑)。

あ、南町教室の新規中3の募集は、たぶん9月末で終了です。

(’0’)