夏期講習の新たな取り組み(社員編)

こんばんは。なかま塾、中島元気です。


夏期講習の新たな取り組み。

今年も去年より色々なことを改善して生徒の成績をもっと上げられるように、指導にあたってます。

ただ今日の話は、勉強の話ではなく、なかま塾内部の新たな取り組みのことです。

どーでもいい話ですので、興味ない人はスルーを(^^♪


去年の夏は、なかま塾は南町教室1教室でした。ただ、生徒は150名以上いて、私1人と副室長1人、あと講師たちで回していたのですが、死にかけました(笑)。

これは、しょうがないと言えばしょうがないのですが、塾の夏期講習って過酷です。色々ハード。塾業界の人間としてはハードなのは当たり前なので、気合いと根性で乗り切るんですが、これをどうにかしたいなーとずっと思ってました。

そこで今年は、2教室目の試験場駅前教室ができ社員も増え、組織的に助け合いながら教室運営できるようになったので、シフトをうまく組んでちょこちょこ休みを入れながら教室運営をしていこうと思ってます。

南町教室は複数の社員で教室運営をしているのでそこで休みを回せます。ただ、試験場駅前教室は基本1名で運営しているので、なかなかうまく休めません。

悩んだ結果、南町教室の先生も試験場駅前教室の運営を応援していけばうまく全員休めそうということがわかりました。


というわけで、試験場駅前教室には夏休み中、南町教室から応援の先生が来て、室長に代わり教室業務をしている日があります。試験場駅前教室の生徒・保護者様には多少ご迷惑をおかけするかもしれませんが、ご了承ください。

授業については、いつもと何も変わらず指導していきますのでご安心を!

(’-’)


なかま塾のビジョンには、「生徒も保護者様も働く人も幸せになってほしい。」というものがあります。夏期講習中もきちんと休みながら、元気に働いていきたいと思ってます。

(’0’)