【ナカマのアシアト その➂:1学期期末テスト対策】

【ナカマのアシアト その➂:1学期期末テスト対策】
急遽借りてきた机。1年目は座席不足に悩まされた。


開校当初の生徒募集には大成功。なぜ、開校して4ヶ月で60名を超える生徒が集まったのだろうか。今でも謎だけど3年たった今、少しだけ答えがわかってきた気がする。生徒募集の秘訣については、いずれ書こうと思います。

6月は1学期の期末テストがある。ここでも気合を入れてテスト対策をこれでもかと行った。サラリーマン時代からの経験もあり、テスト対策には慣れているが、絶対に全員の成績を上げてやる!と意気込み、絶対にどこの塾もやっていないような対策を実践した。このテスト対策は、独立前からやりたかったことの一つなので、やっとやることができた。

どんなテスト対策をやったかと言うと、無料で補講授業をやった。1:2の授業を無料でだ。そう、これがなかま塾の成績アップのキモでもある。普通の個別指導塾、特に大手であれば、テスト前の補講は有料でやる場合がほとんどだ。ただ、有料にするとやる生徒とやらない生徒が出る。これが嫌だった。全員の成績を上げたい!と考えると、有料でやれる子だけの今までのテスト対策は絶対にやりたくなかった。となると、残る手段は一つ。補講が必要な子は全員、無料で補講をやる。もちろん、無料でも講師に給料は払っているので、利益は減る。そこには何の工夫もない(笑)。ただ、今でもそれでいいと思っている。もちろん成績も大幅アップ。そこからの口コミで夏も生徒が激増した。

なかま塾がここまで短期間で成長している理由は「生徒の成績アップにお金をかけている」からだ。もう、これしかない。簡単に言うと、コスパ最強!なのである。基本は楽しい雰囲気だが、定期テスト前は本気でテスト勉強に取り組む。このメリハリが、今でもなかま塾の一番の特徴ではないかと思う。

この6月はすべての土日でテスト対策を行った。机が足りなくて、業者に急遽長机を借りて、無理やり増席したり。テスト直前は毎日遅くまで質問対応したり。そんな休みもない毎日の中、あの高揚感、充実感はなんだったのか。独り立ちしてたくさんの不安の中、人から求められてる、人の役に立っているという喜びから来るものだったのだろうか。
あの夢のような日々(忙しすぎて記憶がないだけかもしれないが)からもう3年。月日が流れるのは早い。

そして次こそは、あの灼熱の夏期講習について書こうと思います。