先行者が作ったルールを壊す

塾業界の常識というものがある。

先行者や大手塾が作ったルールに従い、今の個別指導業界があるようにみえるが、そうではない。

常識なんてどこにもないし、あったとしても数年で変化する。


最近、自身の塾経営の経験から「個別指導塾とはこういうものなのか」というのが少しわかってきた。

個別指導とはなにか。求められているものはなにか。どういう個別指導塾が世の中に必要とされているか。

すべてが理解できたわけではないが、やっと余裕をもって世の中を見渡せるようになってきた。ここまで12年かかっているが。

そんな目で業界を見る。

業界の常識といわれていることがたくさんあるが、そのほとんどが嘘だと気付く。

業界の常識、大手の個別指導塾がやっていること、塾のフランチャイズ、などなど、そのほとんどが、欺瞞に満ちていることに気付く。

先行者は今ある利益を手放せない。会社が大きくなればなるほど数字しか見なくなる。

子どもたちのために、という志はどこにいったのだろうか。

特に個別指導塾のフランチャイズビジネスにおいては、この業界には誠実さというものはないのか、とさえ思う。


このような業界を変えることができるのは誰か。

それは常識にとらわれていない者だ。

それはいつの時代もリスクを省みない若者だ。

志のある熱狂した人間だ。

そこに組織力や資本力は必要ない。

ただただ理想へ向けて走り続ける人間だけが、目先の利益や常識にとらわれた業界をぶん殴ることができる。

何もない人間が、志だけで世の中を変えるなど、なんて痛快なことだろうか。

そういう人間でありたいし、そういう会社でありたい。

そして、日本をもっともっとよくできる塾になりたいと思う。

まだまだ福岡の田舎で4教室しかない塾であるが、日本を変えていきたい。

そのためにまずこの業界を変えていきたい。

来年は変革の年にしたい。毎年言っている気がする。毎年変革の年だ。

自分もそう、会社もそう、塾もそう。すべてを変えていかないといけない。時代は変わり続けているのだから。

来年が楽しみだ。

その前に冬期講習をがんばらないとね。