いよいよ私立高校入試。入試直前にやる大切な2つのこと

日付が変わり本日土曜日は、各教室で中学3年生の模擬試験をやります。

この模試はすぐに採点をして、公立高校の志望校決めの最終判断の材料として使います。1月の頭に受けた模試と合わせて、最終的な公立高校の志望校を決める流れです。中学校に願書を提出するのが大体2月の一週目辺りなので、ここで模試をやるという形です。

そして今週から私立高校の入試が始まります。筑後地区、福岡地区など若干日程が違いますが、いよいよ本番です。

私立高校入試は公立高校入試と違い、出題される問題は学校ごとに違いますので、1月は個別に私立高校の過去問を中心に対策をしてきました。私立入試の問題は公立より若干難しい傾向がありますが、みんな条件は一緒なので自分の持てる力をしっかり発揮すれば、きちんと合格できます。

私立高校をしっかり合格しておけば、公立入試へ安心して挑めますので、確実に合格をしましょう。


では、確実に合格するために入試直前にやることを2つ紹介します。


まず1つ目は、基本の復習です。

難しい問題を解けるようにするよりも、直前の時期は基本を復習してミスをせず解けるようにする。ケアレスミスをしないようにする。それだけでプラス5点が取れるようになります。直前は基本の復習をもう一度しっかりやりましょう。

例えば、
・英単語の暗記
・数学の計算問題
・社会の暗記
・理科の暗記

すぐ点数を取りやすいのは、暗記系。あとは数学の計算問題。このあたりの復習をやること。意外と今の時期でも基本が抜けている子がたくさんいます。

直前の時期は、発展問題を解くよりも、基本をやり直しましょう。


2つ目が風邪をひかないこと。実はこれが一番大事なことなのかもしれません。

本番のときに体調がよければ、今までやってきたことがそのまま本番で出せます。風邪をひかないようにしっかりと体調管理をしましょう。

おすすめは、喉のケアをしっかりやることです。

風邪は喉から来ます。普段もそうですが、寝る時にマスクをすることもオススメです。中島は寝るときにマスクをするようになってから、風邪をひくことがほとんどなくなりました。喉のケアをまずしっかりやって風邪を予防しましょうね。

(’-’)


かなり寒い時期が続くので、今風邪をひいていない子も油断しないように。私も気を付けます。

(’0’)