内装編2【なかま塾ができるまで part4.2】

全ての教室が開校1年目で生徒数100名を達成しているなかま塾。なかま塾の経験をもとに「フランチャイズではなく、自分で個別指導塾を作る」を実践できるように、繁盛する個別指導教室の作り方を記事にしていきます。変なフランチャイズにひっかからないようにぜひ参考にしてください。

過去記事はこちら
パクリ企画指導!【なかま塾ができるまで part1】
物件選び編【なかま塾ができるまで part2】
広告宣伝編【なかま塾ができるまで part3】

今回は前回の内装編の続きです。
内装編【なかま塾ができるまで part4】

今回は費用を抑えるちょっとした裏技をご紹介します。今回もかなりマニアックな内容です。。。


内装費をどうやって安くするか。これにはまだやり方があります。

それは、物を自分で調達して取り付けだけを職人さんや業者さんにしてもらうというやり方です。


詳しく説明します。

これは全ての内装でできることではありませんが、やれるものとして蛍光灯、あとは自分で物をネットで調達できるものになります。
なかま塾では、蛍光灯をこのやり方でかなり安く仕上げています。今回の十三部教室は、元々30機ぐらい付いていたのですが、暗く感じたので結局30機ぐらいあとから付けました。


まず天井につける蛍光灯は業者に頼むと、蛍光灯+設置代の費用で一機つけるのに1万2000円程度かかります。これでもかなり安い方だと思います。業者さんによって金額は全然違いますのでご注意。あとうちはLEDではありません。

この金額だと20機取り付けようと思えば、12,000円×20機=240,000円

では、この蛍光灯の機械を自分でネットで買うとどうなるか。

この蛍光灯一式を自分でネットで調達すると一機3500円ぐらい。そして職人さんにお願いして設置だけしてもらう費用が一台3000円ぐらい。これはあくまでもうちの場合です。かなり安くしてもらってると思います。

この計算でいくと、蛍光灯+設置代=1台7000円ぐらいになります。これだけで12000円が7000円になったということで、6割ぐらいの安さですね。

これを20台つけると、7,000円×20機=140,000円、となり、10万円ほど安くなりました。

こういった風に自分で用意できる物はどんどんネットで探して購入して、設置だけ業者さんにしてもらうというやり方でやっていくと、他にも安くなるものはたくさんあります。

うちの場合だと、2教室目の教室のドアは、ドアだけネットで自分で購入して、職人さんに設置だけしてもらいました。これで5万円ぐらい安くなったかな。

あと安くできたのは看板を照らすライト。今回の十三部教室の看板に関しては、自分でライトをネットで調達して、設置だけ業者さんにしてもらいました。

以前はすべて業者さんに頼んでしてもらったこともあって、その場合は、
→ 20,000円(ライト代+設置代)×11機=220,000円

今回は、自分で物を調達したので、10,000円(ライト代)+3,000円(設置代)=13,000円
さらにライト代は安くなったのに明るさは前のよりも明るいライトだったので台数が減って、
→ 13,000円×8機=104,000円

てな感じで、半額以下になりました。

こう書いていくと「業者高い!」と思われるかもしれませんが、決してぼったくりではなく、業者さんはメーカーから取り寄せるしかないのでどうしても物が高くなるみたいです。

あとできそうなのは、前回も書きましたが床のタイルカーペット。これはネットで買って自分で貼れば、半額ぐらいになります。

ネット通販を利用して自分で物が手に入る時代って最高ですね。


もう一度簡単にまとめると、

物はネットで自分で取り寄せる → 設置だけを業者さんや職人さんにしてもらう

というやり方だとかなり費用が抑えられるという話でした。


ただし、このやり方は理解ある業者さんや職人さんがいないとできません。設置のみはやってくれないところもたくさんあると思います。まあ、よく考えれば当たり前ですよね。

なので、色々業者を探してみるか、今お付き合いある人と信頼関係を作ってお願いするか。最後は粘りと根性だと思います。