【卒業ソングその6】スタジオ練習&歌詞完成

卒業ソング作りも大詰め。

公立入試も終わったので先日、スタジオに入りピアノと歌の音合わせや曲つくりをしました。

スタジオは、ウエストポイント。
また明日、スタジオで練習する予定で、アレンジなど含めて完成に近づけます。

そして、ピアノのレコーディングが木曜。

いよいよ完成が近づいてきましたね。


あと、歌詞が完成しました。

もういじることはないと思います。

あと間奏に、ラップではないですが詩の朗読的なものを入れたいなと思ってます。

小沢健二の新譜「アルペジオ~」を聞いて、詩の朗読みたいなのが間奏に入ってたんですよね。超かっこよくて、真似します(笑)。

間奏の歌詞はまだ完成してません。生徒から集めた歌詞を色々組み合わせて作っています。そして、その間奏は生徒に歌ってもらおうと思ってます。歌いたい子、いるかな?


では、完成した歌詞はこちら。

1番
(Aメロ)
遠ざかる あなたの 後ろ姿
振り返らない 約束を 少し 後悔して

「人は強く そして儚いもの」と
歌歌い あの頃に 戻れたらと 思う

(Bメロ)
緑の椅子 白い机 いつも残り 友達と喋る
声が響く 心おだやかな 場所

壁の時計 チャイムの音 いつもつのる 別れの寂しさ
一人になる 夜がこわかった

(サビ)
出会い 別れるからこそ
あの日のやさしさ まだ忘れないよ

変わり 変わるからこそ
離れていくあなたが まぶしすぎる

それでも 今日は 笑って さようなら

2番
(Aメロ)
忘れはしないよと 書き込んだ
すぐに会えるよとつぶやき 少し後悔して

道迷い くじけそうになっても
あの頃は 色々あったと 笑えるかな

(Bメロ)
春の桜 夏の夜(よ)の花火 秋の夕日 冬の白い息
色がついた 思い出のままで 残り

旅立ちの日 ただ幸せが 一日でも 悲しみよりも
あなたの手に 届きますように

(サビ)
願い 見守るけれど
それだけしか できない 切なすぎて

二度は 言わないけれど
あなたが いてくれて 本当に ありがとう

それとも 今日は 語って 泣くのかな

(Cメロ)
※子どもたちの語り、ポエトリー

(サビ前)
旅立ちの日 ただ幸せが 一日でも 悲しみよりも
あなたの手に 届きますように

(大サビ)
出会い 別れるからこそ
あの日のやさしさ まだ忘れないよ

変わり 変わるからこそ
離れていくあなたが まぶしすぎる

二度は 言わないけれど
あなたが いてくれて 本当に ありがとう

明日から ひとり 歩いて いけるかな
それでも 今日は 笑って さようなら