入試直前に大切なことは?入試対策講座、ラスト

いよいよ明日土曜日は、中学三年生対象の公立高校入試対策講座のラストになります。

冬休み明けの1月から毎週土曜日に、公立高校入試対策を中学3年生だけ集めて行ってきました。

対策講座の内容は様々で、公立入試の過去問を使った対策から英語のリスニング対策、理科・社会の暗記特訓など、普段の授業ではできない内容の入試対策をやってきました。

明日も同じような内容です。ここまできて特別なことはあまりやりませんが、より個別に内容を吟味し、あと数点が取れるように一人一人に指示を出していきます。

この一人ひとりに指示を出すのが大切です。

結構、この時期に生徒たちって焦って色々やりたくなるんですよね。だから、やることを示すことは、イコールやらないことを教えてげることでもあります。

やることよりも、やらないことを決めて、集中して一点突破。これが最後の最後の一手です。


あと普段日曜日は休みなのですが、明後日の日曜日は教室を開け、中学3年生の自習を見ていきます。

これは各教室の教室長や副室長から「教室を開けて生徒の勉強を見てあげたい」という申し出があり、やることになりました。

こんな風に、「生徒のためにまだやれることがあるんじゃないか」と真剣に考えて動いてくれる現場の社員がいることは、とても頼もしいですね。


あと福岡県公立高校入試まで、数日です。あと数日、何をすればいい?とよく質問を受けますが、普通に過ごすのが一番です。普通に勉強して普通に一日を過ごしましょう。

あとは風邪をひかないようにしないといけません。 少し体調が悪いようであれば、塾も休みで構いません。ここまで来て無理やり塾に来て勉強する必要はありませんので、体調を優先にして家で勉強をしましょう。

さあ、大詰めです。最後の最後までしっかりとサポートしていきます。一緒に頑張っていこう!