入試当日、腕時計を忘れないように!

さて、公立高校入試直前。

今日、明日と普通に勉強しつつ、風邪をひかないことだけを考えて過ごしてください。

忘れ物No1は腕時計

で本題。今日・明日には本番の持ち物を準備すると思います。

この時、持っていくもので忘れがちなのが、「腕時計」です。

経験上、No.1忘れ物ですね。

「腕時計を持っていく」ということを、学校の先生から聞いていればいいのですが、学校で聞いてない子もたまにいます。塾では、塾生に結構前から伝えているので大丈夫と思いますが、知らない友達がいたら教えてあげてくださいね。

腕時計がなくても入試は受けられますが、教室に時計がない場合、時間がわからないまま試験を受けることになります。時間配分ができない!これは困ります。

「教室に時計ってないの?」と思われるでしょうが、なぜかないことがあるのです。私立入試の時は、ある学校とない学校があったと思います。

公立高校の場合、ないことが多いです。ただし、こればっかりはどちらかわからないので、ないものと思って準備しておきましょう。

「腕時計を持っていく」忘れないように。大切なことなので本文を読まなくてもわかるように、タイトルにもしました。

あと、腕時計ですからね。置時計ではダメです。昔聞いた話で、置時計を持っていった子がいて、没収されたと聞いたことがあります。懐中時計はわかりません。無難に腕時計がいいと思います。腕時計もゴチャゴチャしたのではなく、シンプルな針だけのものがいいと思います。

もし、もってない人がいたら、今日・明日に買いに行きましょう。久留米ならゆめタウンやドン・キホーテに1000円ぐらいで売ってます。

その他、入試当日の注意点

中学校でも色々聞いていると思いますが、見落としがちな点を少し。

1.寒さ対策は柔軟に
→寒い、暑いの両方に対応できるように準備。学校によって寒さは様々。例えば、まずは寒い体育館に一斉に集められ、それから教室にいくと教室は暑すぎるとか。色々なパターンがあります。着たり脱いだりして調整できるような服装でいくように。カイロも熱すぎて邪魔な時があるので、持ちすぎ注意。

2.受験票忘れは慌てず報告すれば大丈夫。遅刻だけはしないこと
→受験票忘れは、受験する学校で対応できる。忘れて家に取りに帰ってそのせいで遅刻するようなことのないように。遅刻は全てが無になる可能性あるので、絶対にしないこと。

以上です。わからないことがあれば、塾の先生や学校の先生に聞いてくださいね!

(’-’)


日曜の南町教室の中3の様子。みんな真剣。感動します。