なかま塾の基準=1年目に100名集まること

他塾の人になかま塾のことを説明すると、

「1年目で100名の生徒が集まるってすごい」

と言われる。

成績の上げ方から教室運営の方法まで、いろいろ説明していると、自分の中で、「1年目に100名集まる教室」という基準があることに気付く。


4年やってできた基準がある。

1年目に100名集まるような塾が、なかま塾の最低基準。

ここがスタート。

数字の話ばかりで申し訳ないが、人に説明する時に、「なかま塾はいい塾を目指してます!」なんて言っても、誰にも響かないので。

1年目に100名にするというのは、なかなかできない。全国的にみても、うち以外でできてる個別指導塾ってあるのかな?森塾ぐらい?

かなりハードルが高い。でも、そこを必ず超えるような教室を作る。

そう考えると、教室の作り方や運営方法が決まってくる。


全員の成績を上げないといけないし、さらに楽しく通ってもらわないといけない。

料金もリーズナブルにしながらも、手厚く対応しないといけない。

生徒の成績を上げる仕事に100%時間を使いながらも、募集活動もやらないといけない。


こういう、相反するようなことを両立させていく。

絶対に来た生徒に満足してもらえるように。

さらに経営者でもあるので、プラス利益も出していく。うーん、お金のことはまだまだ難しいw


なかま塾はまだまだこれからの塾だ。

今は個別指導塾の過渡期で、昔からある塾があぐらをかいているだけだと思っている。

相対的に見て、うちの塾が優れているように見えているだけ。

毎年反省で、課題だらけ。これからも努力していきたい。